株式会社設立のメリット

1 対外的信用がある 

資金調達に関する信用度があり、銀行などから借り入れの際、会社名義のほうが有利です。 

もうひとつの信用は、取引の場面におけるイメージ的な信用です。個人事業より、取引の信用度は非常に高いといえます。 

2 債務責任が有限である

個人事業の債務責任は、すべて事業主です。株式会社は原則、出資した金額のみの責任しか負わないのでその点では、リスクが低いといえます。

3 節税ができる

個人事業だと利益が出るほど税率が上がってしまいます。しかし法人になると社長への給料が経費になるなど、さまざまな節税が可能になります。

4事業が継続する

個人事業は事業主が死亡すれば、事業も終了してしまいます。しかし法人にしておけば、代表取締役が死亡したとしても、役員を交替すればよく、解散しない限り、事業は継続しますので継続的な成長が望めます。

会社設立のデメリット

法人設立には、設立に関する知識を前提にたくさんの書類を作成し、法務局へ出向くなど手間がかかる。

もちろん、行政書士にご依頼されますと、このような手間はすべて省くことができます!!

 

会社設立の手続の流れ

  1.  法人の名称・所在地・業務内容等を決定
  2. 法務局で事前の確認(登記可能かどうかを法務局で確認する)
  3. 公証人役場での定款の認証
  4. 銀行での出資金の預入
  5. 法務局での登記申請
  6. 登記完了、会社成立

 

会社設立に必要となる費用

会社設立に必ず必要となる費用(通常)

  • 定款印紙代 40,000円
  • 公証人役場認証手数料 50,000円
  • 定款謄本代等 約2,000円
  • 登録免許税 150,000円

計242,000円 プラス 当事務所の報酬

 

 

※当事務所では電子定款による認証というシステムを取り扱っておりますので、上記定款印紙代40,000円が不要となり、計202,000円プラス当事務所の報酬になります。



▲ページトップに戻る

毎度お世話になります。

お見積もお気軽にどうぞ。メールは24時間OKです!

■許認可申請手続

建設業許可申請

古物商許可

飲食業許可

運送業

産業廃棄物収集運搬業

宅建業免許登録

風俗営業許可

深夜酒類提供飲食店営業

■法人設立手続

株式会社設立

NPO法人設立

宗教法人設立

一般社団法人設立

医療法人設立

合同会社設立

議事録作成

変更届の作成

■帰化・ビザ申請手続

帰化許可手続

永住許可手続

在留資格認定

■遺言・相続手続

遺言書作成

遺産分割協議書作成

その他相続に関する事

■その他の業務

車庫証明

廃車(一時抹消)

車の譲渡の際の手続

パスポート代行申請

公正証書作成

内容証明

クーリングオフ

離婚問題

 

 

にじいろ合同事務所

ティアレス総合保険